Olaピラティススタジオ

代々木上原駅から徒歩3分のピラティス専門スタジオ

ホーム > コラム > ブーツにもおすすめ!のBMZインソール

コラムcolumn

身体の土台、「足」のこと。
vol.7 / 2016.12.21 Nahoko

ブーツにもおすすめ!のBMZインソール

Nahokoです。

Olaで販売しているBMZインソールについてはニュースやブログ記事で度々ご紹介してきましたが、今日は女性の「パンプス用」のインソールをご紹介したいと思います。

過去記事:
BMZインソール取扱いはじめました!(&研究所訪問記)
ピラティスを補うBMZインソール
足裏とランニング

  
通常のBMZインソールは足裏全体をカバーする形ですが、

bmz%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%ab1

  
「パンプス用」はこんな形をしています。

img_2227

(右側は裏面です。パンプス用は裏に両面テープがついていて、靴に接着することができます。)

  
爪先の部分がないのがおわかりでしょうか?

BMZインソールの大事なポイントは「かかと側(踵骨、立方骨)」、つまり足の後ろ部分を安定させることなので、爪先側・足の前側部分がなくてもちゃんと機能を発揮してくれるのだそうです。

女性の靴は爪先側の形が様々で、先がとがっていたりバレエシューズのような丸形になっていたりしますが、「パンプス用」は爪先部分をなくしてあるので、かかとがある靴ならほぼ何でも入れられます。

たとえば、パンプス、バレエシューズ、フラットシューズ、ローファー、足首までのブーティーやロングブーツなど。

中でも、この時期出番が多いのは、「ブーツ類」ですよね。

私は普段滅多にパンプスを履くような機会がないのでそこはレポートできないのですが、「ブーツ」で試してみた結果をレポートさせていただきます!

   
というわけで、今回はこのブーツに「パンプス用」のBMZインソールを入れてみました。

img_2228

ドクターマーチンのアンクルジップブーツ、「MAGDALENA」です!

昨年の秋冬に発売されたこのブーツは大人気だったそうで、欲しい!と思っているうちに即完売してしまったのですが、今年はなんとかGETできました。

ヒールは9cm、プラットフォームが2cmあるので、実質7cmヒールです。

普段ヒールを履かない私、7cmもヒールがあるとさすがに靴の中で足が前すべりするのを感じます。

しかも、サイズ選びで微妙に少し大きいものを購入せざるを得なかったため、どうしても前すべりしてしまいます…

これは一刻も早くBMZでかかとを安定させたい!と思い、早速パンプス用を入れてみました。

    
img_2229

ブーツの元々の中敷きが黒なので、BMZインソールも黒にしました。

ちなみにベージュもあるので、美しいパンプスなんかにはベージュの方がおすすめです。ベージュはちょっとパールがかっていて、全く違和感なしですよ!

  
さて、BMZインソールパンプス用を入れて歩いてみた結果はというと…

  
全然前すべりしない!歩きやすい!楽ちんすぎる~~~!

  
BMZインソールの特徴、「かかとを安定すると足指がしっかり使える」という感覚は、「7cmヒールのブーツ+パンプス用」でもしっかり感じられます。

前すべりする靴だと、どうしても足指で握ることで滑りを止めようとしてしまいますが、それはハンマートゥと言って全く良い状態ではありません。

BMZインソールを入れると、足指を長く伸ばした状態でしっかり地面をとらえられる感覚があり、またヒールが高いことでMP関節(足指の付け根の関節)を折り曲げて機能させている感覚もあります。

これは気持ちいい!

普段ヒールを履かない・ヒール慣れしていない私でも、もっとこの靴を履いて出かけようかなという気持ちになります。

まだブーツ自体が新しいので革が硬く、かえしもないし、足首も曲がらないしで歩きにくさは感じますが、たいがい新しい靴はその「履き慣らし」のための期間が苦痛で、結局出番が減ってしまって… というパターンになりやすいもの。

BMZインソールを入れたことで、その慣らし期間の苦痛も軽減してもらったような気がしました。

   
ちなみに、ハイヒールが苦手、爪先立ち(ルルべの状態)が苦手、という方は足指とMP関節がうまく使えていないことが多く、私も元々そのひとりですが、足指とMP関節がきちんと使えるとむしろハイヒールの方が楽に感じられるほどです。

最近の私のレッスンでは、グループでもプライベートでも、この「足指とMP関節の使い方」をひんぱんに取り上げています(はい、現在のマイブームです…)が、そういった足のトレーニングもやりながら靴にもBMZインソールを入れてあげると、普段の歩行でも足裏・足指・足首の関節周りの機能を向上させてくれるので、効果倍増!なんですね~。

    
こちらの「パンプス用」インソール、実はもう既にドクターマーチンのサイドゴアブーツ(ヒールなし)にも入れて愛用しています。

私は日常使いの靴にはほとんどBMZインソールを何かしら入れていて、他にも、

・サッカニーのスニーカーには「CalPowerスマートスポーツ」
・ドクターマーチンの8ホールには「コンプリート」シリーズ
・トリーバーチのバレエシューズには「パンプス用」
・UGGの足首丈ムートンブーツ(※幅が太いタイプ)には「CalPowerスマートスポーツ」(Fitでもよいかも)

などなどを活用中です。

どれも最高!で、もう手放せないほど愛しています。

私の個人的な感想ですが、履けば履くほど自分自身の足の問題(外反母趾、前足部のねじれやかかとの不安定性、足底筋膜炎など)といった症状がどんどん改善し、毎日の「足」がラクだな~と感じています。

どのインソールもOlaで販売中なので、気になるものはどうぞお問い合わせください。お悩みに応じて、選び方などもアドバイスさせていただきます。

  
他にも、ロードバイク用シューズにはカーボン素材の上位モデルを入れてますし(漕ぎやすくて最高でした!)、今シーズンのスキーブーツにはスキー用インソールを入れて間もなく初すべりの予定です。

またいろいろと写真付きでレポートしてみたいと思います~!

  

こちらの記事を読んで、ピラティスに興味をお持ちになった未経験者の方は
ぜひ体験レッスンにお申し込みください!