Olaピラティススタジオ

代々木上原駅から徒歩3分のピラティス専門スタジオ

ホーム > インタビュー > Hさん(40代、会社員)

インタビューinterview

お話を伺ったお客さま

Hさん(40代、会社員)
約2年にわたり、マットとマシングループを1ヶ月に10回ぐらいのペースで受講。

  • ピラティスでは、動かし方を説明されて、動かしてみて、実際に動いているのを感じる。それが結構面白いですね。
  • 疲れているときもピラティスをすると、身体も気持ちも切り替わって活動的になります。
  • スタジオの雰囲気はアットホームな感じ。インストラクターの人たちがいろいろ新しいことを提案してくれるので、面白いし魅力的だと感じます。

interview

Q:ピラティスを始めたいと思われたきっかけは何でしょうか?

Hさん:うちにチラシが入ってきたことですね。何も運動をしていなくて、何かやろうかなと思っていたタイミングでちょうどチラシが入って。趣味でよくバレエを観に行くので、ピラティスはバレエダンサーが練習などに使っているという話は聞いたことがあって。でも聞いたことはあるけどやったことはないからちょっと気になって、やってみたいなーと思いました。

年齢のせいもあって、目で見えない後ろ側の背中がたるんでくるなとちょうど感じていて。ピラティスは背中を引き締めたりするのに効きそうな気がして。ピラティスをやったらダンサーさんたちのような感じの身体になるかも?という期待もありました。

Q:ここまで2年ぐらい続けられてきて、今感じているピラティスの魅力や面白さは何ですか?

Hさん:続けてきて、ひとつはその最初の目標でもあった背中が結構変わってきたかなと思っていること。あと、最初は何を・どこを動かしているのかが全然わからない感じだったものが、結構時間はかかったけれども、たとえば「あー、骨盤ってこういう感じに動くんだ」とか、自分で感じられるようになってきたことかな。

以前は、動いていても何も意識はしていなかったけれども、前鋸筋とか今まであまり意識していなかったところの筋肉が「あっ、動いてる!」とか、「ここがちょっと締まってきた!」という変化が感じられたりとか。最初は背中が引き締まったんですが、最近はコアというか内側がしっかりしてきたような感覚があって。それもまたいい感じで、面白いなーって思います。

前はホットヨガに行ったり、スポーツクラブで泳いだり、ゴルフを習ってみたりしていました。ホットヨガはワーッと汗をかいてちょっとすっきりするという感じ。多少筋肉がついたかなという気もしたけれど、やっぱりピラティスの方が、引き締まる以外でも肩こりなどの部分でも効いている感じがします。

ゴルフをやっていた頃はピラティスもやっていなかったし、体幹がぶれた状態で何もわからずにやっていました。ちゃんと習わずにただコースに出てひたすら打って走って、で終わっていた感じ。身体の使い方がもうちょっとわかっていたら良かったと思います。理解してできたら「あっ楽しい!」と思うタイプなのかもしれない。

ピラティスでは、動かし方を説明されて、動かしてみて、実際に動いているのを感じる。それが結構面白いですね。ただダンベルを上げたりするよりも、内容が面白かったのが自分にはまったのかもしれません。

Q:Hさんは2年間ただ続けてきただけでなく、レッスンの受講回数が会員様の中でもずば抜けて多いです。
レッスンを受け続ける最大のモチベーションとなったものは何でしょうか?

Hさん: 「できないこと」がたくさんあることですかねえ。いろいろな器具を使ったいろいろなクラスがあって、バラエティに富んでいるから飽きないんです。スポーツクラブなどの施設だといつも同じように自転車だけ漕いでいたりして、飽きちゃうのかもしれない。ここはクラスのタイプもインストラクターも違っていて、バラエティが豊か。だから飽きないです。

あとね、気がついたら「レッスンに行くこと」が自然になっていました。「日常」なんです。今までは、「施設に会費を払っているんだから行かなくちゃ」と思っていて、それなのに続かなかったんだけど、このスタジオではあまり「行かなくちゃ」という気持ちにならないのが自分でも不思議です。スタジオに来るのが普段のペースになっちゃった。

スタジオの場所が家から近かったというのもある。それが最初始めた理由でもあるし。やっぱり通いやすくて、休みの日の朝とか、平日の会社帰りとか、スケジュールのいろいろなところにクラスが当てはめられる。過去に他の施設に入会したときも、レッスン後に電車に乗って帰るとなると大体続かなくなっちゃって。家から近いので生活のリズムに入れやすかった。近いっていうのはいいですよね。

Q:ピラティスを続けてきて、ご自分が一番変わったと思うところは?

Hさん:平日の会社帰りに来ると、気持ちがスッキリしています。日中のいろいろな疲れを持ち越さなくなって、考え方や気分の部分に影響していると感じます。身体の面では、以前は結構首がこったり、ひどいときは肩まわりがすごく痛くなったりして、枕をいろいろ探して有名なメーカーのクッションを入れるなどしていました。今はそういうことがなくなりましたね。すごく楽になっているし、痛みを感じなくなりました。肩こり以外にも以前は腰が重い感じもあったんだけど、最近はないので快適です。

あとはやっぱり、「内側が引き締まった感じ」がします。内ももとか。内ももって柔らかいものかと思っていたんだけど、いやいや、鍛えてみたらちゃんと筋肉があったじゃん、と(笑)。一番引き締めたかったのは背中で、その場所にちゃんと結果が出ました。筋肉がついたというより、「締まった」という感じ。体重はそんなに変わってないんですけどね。背中以外では、お尻と太ももの境目あたりがちょっと素敵な印象になりました(笑)。

やはりそういうのは自分ではなかなかできない。過去に雑誌でそういう場所を引き締めるトレーニングなどを見ると自分なりにやってみたりしていたけど、それでは結果は得られなかった。今はおかげさまで目に見える結果が出て、本当に良かったです。

Q:ご自分の生活や人生にも変化はありましたか?

Hさん:元々そんなに後ろ向きなタイプではなかったけれど、たとえばすごく疲れたときに、ピラティスをする前は疲れるとそのままあまりどこにも行かずに週末を過ごして、週末が終わると余計になんだか疲れてしまっていたことがありました。

今は同じように疲れることはあるんだけど、そこでピラティスのレッスンを受けると身体も気持ちも切り替わって、そのあとは「ちょっとどこかに出かけよう」という風に活動的になる感じ。疲れているときもピラティスをやると、負のスパイラルから抜け出せる。頭がずっと疲れている状態が切り替わるんです。活動しなくなると、余計疲れるんですよね。ピラティスのおかげなのかどうかはわからないけど、体調不良や風邪も最近はないですね。

あとは出張で長距離のフライトに乗ったときが、もう一番ピラティスに行きたくなる(笑)。他にもバレエを観に行ったときなどでずっと同じ姿勢をとっているときに「ああ、ピラティスやりたい!」って自然に思います。出張から帰ってきてもすぐ、レッスンに行けるのなら行きたいと思う。身体を動かすのに慣れたんでしょうね。出張先のホテルでも肩甲骨や背中を動かしたりして、そうするとやっぱり違いますね。

日常では、最近はバランスクッション(※)を買ったので、朝晩ハミガキしながら乗ってます。足ツボマッサージみたいな感じで足の刺激にもなるし、だんだん乗れるようになってきています。あとはフォームローラー(※)もたまに乗ってます。そういうグッズが家にだんだん増えて行っています(笑)。
(※どちらもレッスンで使用するツール)

Q:Olaのレッスンが良かった点、ピラティスを続ける理由に貢献できた点があったとしたら、どんなところでしょうか?

Hさん:家から近かったということと「少人数」だということですね。以前通っていたホットヨガなどは30人ぐらいいて、先生を見ながらただ真似るしかなかった。合っているかどうかよくわからなくて、続けていて多少はこれでいいのかなと思いはするけれど、わからないことが多かったです。ここは少人数だから、しっかり教えてもらえるしわかりやすいし、自分がわかっていないところにも気がつくし。その点がすごくいいですね。

あとはやはり、インストラクターの人たちから来るスタジオの雰囲気というか、とてもアットホームな感じ。でもみなさんいろいろ新しいことを私たちができるようにと提案してくれるし、たまにハードなものもあって(笑)、そういう雰囲気がいいなと思います。面白いし興味が引かれるし、魅力的だと感じます。

自分ができるものとハードなものが混ざっていて、いろいろチョイスできる。いつも同じクラスだと飽きるかもしれないけれども、インストラクターもクラスの内容もレベルも毎回違うから、それがいいのかもしれない。同じマットグループの初級レベルでも、毎回参加するメンバーも違うし、日によってインストラクターのやり方やハードさも違う。日によって違うから混乱するということはなく、逆にいろいろあるから飽きなくていいなと思います。毎回がルーティンだと多分飽きちゃう。

たまにキャンペーンとか、スタジオが○周年だからといった理由でスペシャルクラスがあるけど、スペシャルって書いてあると行きたくなる(笑)。やってみよう!と思うし、そのチャンスは逃したくない、行けたら行きたいと思う。ああいうのも面白いですね。

Q:今後もピラティスを続けたいといつもお話しくださっていますが、今後の目標はありますか?
ピラティスを続けることでご自分の将来はどんなイメージになっていくでしょうか?

Hさん:やっぱり「姿勢がいい」状態でありたいですね。スタイルがいいとか痩せたいとかではなくて、もちろんスタイルは良くありたいけれども、歳をとってもスッと姿勢が良く歩けていたらいいなーという気がします。やっぱり腰が曲がったりしたら健康にも良くないだろうし、自分で維持できる筋肉は維持したい。そのためにもピラティスは続けたいです。

短期的には、もちろんティーザー(※1)ができるようになりたいとか(笑)、それはあります。できないエクササイズは攻略したい。太ももの裏を伸ばさなきゃいけない系のエクササイズが苦手でできない、股関節が硬いというのもありますね。続けていたら自分の苦手な部分がわかってきて、なんとかそれを克服したいと思う。それが目標ですね。だからやり続けなきゃ!って。

最初はロールアップ(※1)ができなかった。今でも覚えていますが、マジックサークル(※2)のクラスでやったときに初めてできた。あの「お盆みたいに持って」っていうイメージでやったら初めてできて、すごく感動しました。あっ、できた!って。できないものができるようになると、達成感があります。苦手をどんどん克服していきたいです。
(※1:マットピラティスのエクササイズ)
(※2:レッスンで使用するツール)

Q:今後ピラティスを始めたい方にOlaというスタジオを薦めるとしたら、どんな点がオススメですか?

Hさん:このスタジオはすごく雰囲気がいいなと思う。ピラティスは全身の巡りがよくなる気がするからすごくいいものなんだけど、私の知り合いはピラティスを「知っている」人は多いかもしれない一方で実際に「やっている人」はいない。ピラティスは実際にやってみてほしいし、やるとしたらスタジオとしてここは魅力的だよって言いたいです。

ここはとてもアットホームな感じだし、インストラクターの人たちもいいし、結構きついこともやってくれるし(笑)。やったことがないものや新しいクラスなど、何かチャレンジがあった方がきっと長く楽しめると思います。チャレンジするっていいですよね!

運動を長続きさせるには、いかに日常の習慣として定着させるか、そして常に成長を感じながら飽きずに取り組めるかが鍵だと思っています。
ピラティスを「楽しく、飽きずに、長く続けられる」ためにスタジオではシステムやプログラムなど様々な面で工夫をしているのですが、それをご多忙な毎日の中に上手に取り入れて活用してくださっていてとても嬉しいです。
今後も楽しく継続していただけるための取り組みを続けていきますね!

<Nahoko>

Interview / お客さまインタビュー