Olaピラティススタジオ

代々木上原駅から徒歩3分のピラティス専門スタジオ

ホーム > Olaピラティススタジオってどんなところ?

Olaピラティススタジオってどんなところ?

Olaピラティススタジオが目指しているのは、

ピラティスという「運動」を通して、誰もが運動の楽しさと出会い、身体の動かし方を学び、自分に合った運動の続け方を見つけられる場所。

そのために、私たちは「わかる」「知る」「寄り添う」の3つにこだわってレッスンを行っています。

平均寿命が延び、子供の出生率が低下している日本は、人口の4人に1人が65歳以上の高齢者という世界でも類を見ない「超高齢社会」に突入しています。

こんな時代に生きる私たちが真剣に考えておかなくてはいけないのは、「健康寿命」を延ばすこと。

「健康寿命」とは、医療や介護に依存せず、健康上の問題がない状態で自立した日常生活が送れる期間のことをいいます。

従来はただ長生きするというのが寿命の考え方でしたが、健康寿命は、「健康で活動的な生活をできるだけ長く維持しよう」という新しいコンセプトです。

そのために必要なのは、身体を動かす筋肉・骨・関節・神経などの運動器を良い状態に保つこと。

できるだけ若いうちから定期的な運動習慣を持ち、運動器の衰えを可能な限り予防して加齢に負けない健康な身体を作っておくことは、現在の日本が国を挙げて推奨している取り組みです。

けれども、定期的な運動習慣を持つことは意外と難しいもの。運動しようと思っても意欲が続かない、挫折してしまう、少し身体が変わっても元に戻ってしまう、自己流でやってみたら怪我をした、といった話は珍しくありません。

仕事や育児などで忙しい人、現在体調不良や慢性痛などの問題を抱えている人、元々運動があまり得意ではない人にとって、自分に合う運動のやり方や長く続けられる方法を見つけることはなかなか大変です。

では、どんな運動を習慣にしたら良いのでしょうか?
運動を続けるためには、まず楽しいと感じられる運動を見つけることが大切です。健康寿命を延ばすことを考える上で、私たちがおすすめしたい運動は、誰もが楽しむことができ、運動初心者にとってもスポーツ愛好家にとっても利点が多い「ピラティス」です。

ピラティスには、姿勢を支える全身の筋肉・関節・骨を強化するエクササイズがたくさんあります。

また、ただ身体を動かすだけでなく神経の働きを向上させ、身体感覚を研ぎ澄ましていくという側面もあります。身体感覚を高めることは、適切で機能的な身体の使い方を学ぶことにつながります。

忙しい生活を送る私たち現代人は、便利で効率的な都市生活を送る一方で、姿勢を保つ筋力や自分の身体に向ける意識を失いやすく、結果として心身の健康を損ねてしまいがちになっています。心身の健康がなければ、人生を活動的に楽しむことが難しくなります。

ピラティスによって、運動器機能の維持・向上を図るとともに精神的にも元気で活力にあふれた状態を作り、これから歳を重ねていく中で今後の人生をいつまでも健康で活動的に生きていく。

これが約100年前にピラティスを開発したジョセフ・H・ピラティス氏が目指したものであり、正に現在の日本で求められている「健康寿命を延ばす取り組み」です。

ピラティスは、現代人の誰もが必要としている運動だと言えるかもしれません。

こういった利点の多いピラティスを多くの人に楽しんでいただくために、私たちが大切にしているのは

● わかる
● 知る
● 寄り添う

の3つのポイントです。

1. Olaだから、「わかる」

運動が苦手な人にとって、運動は「うまくできないもの」「ついて行けるかどうか不安」というイメージになりがちです。
また、しばらく運動から遠ざかっていると理解や感覚が追い付かず、「なんだか難しい」「身体をうまく動かせない」「言われたことをできているかどうかわからない」という状況にも陥りやすいです。

不安や難しさを感じていると、運動を長続きさせることは難しくなり、挫折しやすくなってしまいます。

私たちが心がけているのは、運動が不得意な人にも伝わるわかりやすい説明で、段階的に理解が深まり、確実にできるようになっていくレッスン。

知識や用語を知らなくても「わかる」、わかれば「できる」、できるようになれば「楽しい」。

この3つのステップで、誰もが身体を動かすことの楽しさと出会っていただけるようにレッスンを行っています。

しっかりわかって正確に行えば、着実に結果が出ます。また、楽しいと感じられる運動は、続ける意欲にもつながります。

2. Olaで、「知る」

「やらなきゃ」という義務感で行う運動は、飽きて挫折してしまいやすいです。

また、世の中には流行りの新しい運動や健康情報・ダイエット方法がたくさん出回っているため、情報に振り回されてしまったり、過激な方法でむしろ健康を害してしまったり、目移りばかりしていていつまでも結果が出ないままという人も少なくありません。

私たちが大切にしているのは、レッスンを通してご自分の身体や健康について正しい知識を学んでいただくこと。

自分の身体が今どんな状態にあり、どんな個性を持っているのか。学校では習う機会がない身体についての知識や、身体・心の健康とは何か、運動は何のためにするのか、運動は将来の自分にとってどんなメリットがあるのかなどについて、レッスンの中で「知る」。

ただ指示された通りに行うだけでは、受け身になってしまいます。

正しく「知る」ことで、自分の将来のために積極的に運動し続けようという意思の力が生まれてきます。

そして、情報に振り回されない力、自分の身体と心が本当に必要としているものを正しく選び取る力も身に着いていきます。

3. Olaは、「寄り添う」

誰だって、運動したいし続けたいという気持ちは持っています。
でも、最初は不安を感じたり、よくわからない・上達しないと感じてしまったり、時には体調不良や痛み・怪我が生じたり、忙しくて時間が取れない時期がやってきたりなどといった様々な「壁」に直面することがあります。

私たちは、グループでも少人数制の「顔が見えるスタジオ」であることにこだわっています。

参加者ひとりひとりの運動レベルや理解度、心身のコンディションなどを把握しながら、最も適切な説明のしかたを選び、レッスンプログラムを調整します。

その人の現在の生活だけでなく将来の健康につながるプログラムを提案し、スタジオに来られないときの運動の続け方についても積極的にご紹介しています。

インストラクターとの距離が近いから、しっかり見てもらえる、理解できる、相談できる。

ひとりじゃないから、どんなときでも頑張って運動を続けていける。自分の目標が見つけられる。

どの人も前に進んで成長していけるように「寄り添う」ことが、私たちのこだわりです。