Olaピラティススタジオ

代々木上原駅から徒歩3分のピラティス専門スタジオ

ホーム > スタジオ紹介

スタジオ紹介studio

少人数レッスンで「集中できる」→「見てもらえる」→「理解が深まる」

マットのグループレッスンは定員6~7名、マシンは定員3名の少人数クラスが特徴のスタジオです。少人数だから集中でき、インストラクターによく見てもらえるので、ご自身の理解がより早く深まります。動きの理解は楽しさにつながり、集中力を磨き、続けることでお身体の変化へとつながっていきます。


少人数のクラスだから、インストラクターがお客さまの体力や目的などを把握し、おひとりおひとりにお声がけするレッスンを行っています。

スタジオは、リラックスしてピラティスに集中できる空間です。

グループレッスンからプライベートレッスンまで、おひとりおひとりが集中してレッスンに取り組める、落ち着いた雰囲気の空間です。スタジオには、ピラティス専用のマシンを多数ご用意しており、身体の特徴や目的に応じて使っていきます。

ピラティスマシン

ピラティスのマシンは、バネを使って筋肉に負荷をかけるため、一般に使われる重力に逆らうウエイトトレーニングよりも徐々に重さを感じることができます。
腱や靭帯への負担が少ないので、運動能力や年齢・性別を問わず、また妊娠中の方でも、より安全にトレーニングできます。
また、体をさまざまなポジションに置くことで、バランス能力の向上にも役立ちます。

リフォーマー

ジョセフ・ピラティス氏によって開発されたベッド型の多目的マシンで、最も多く使用されます。
ベッド(キャリッジ)が裏面のバネによってスライドするもので、キャリッジを動かしたり戻したりする際の力をコントロールすることで、筋肉に適切な負荷をかけることができるのが特徴です。

タワー

リフォーマーと キャディラックの機能を併せ持ったマシンです。
キャディラックは、ベッドの上にバネが付いたマシンで、バネを取り付ける位置が変えられます。このことによって、負荷の方向を変えることができ、より細かく立体的な動きができるのが特徴です。
タワーは、必要に応じて、リフォーマーとキャディラックを切り替えながら使用します。

ワンダチェア

ワンダチェアは、省スペースでトレーニングできるツールとして開発されたマシンです。
チェアで行うエクササイズは、安定性やバランスの向上、コントロール感覚を高めるものが多いのが特徴です。

アヴァロン アームチェア

負荷の量やポジションを幅広く変えられるのが特徴です。
Olaピラティススタジオのアヴァロンアームチェアは、ラダーバレルの機能も併せもっています。ラダーバレルは、柔軟性の向上を目指したエクササイズに用いられますが、アヴァロンアームチェアでは、バネの負荷を加えながら行うことができます。

アヴァロン ステップバレル

スパインコレクターに、バネを取り付けられるハンドルの機能を加えたものです。
バネの負荷を活用することで、従来のスパインコレクターのエクササイズを行う際に、より体幹の意識を強化できるのが特徴です。
また、スパインコレクターの形状が見直されたため、首や背中を安全に支えながら、柔軟性がない人でも無理なく気持ち良くエクササイズを行うことができます。

ペドプル

立ち姿勢での体幹(コア)の意識や安定性を効果的に高められるのが特徴です。肩の機能や動きを向上させるエクササイズを行うことができます。

フットコレクター

足裏のアーチの強化と柔軟性向上のために開発されたツールです。
「足」は人間の身体的構造の土台であり、「足」に生じた問題は、下半身だけでなく上半身のバランスにも大きな影響を与えます。
フットコレクターは、この土台の部分を改善するためにデザインされたもので、足裏のトレーニングを行うことで、姿勢の改善、歩行やランニングなどの動きの改善につながると考えられています。